結婚前に女性が家庭的な男性を見分けるコツ

女性に大人気の家庭的な男性をゲットするには

女性に大人気の家庭的な男性をゲットするには

 

一昔前は、夫が外で働き妻は専業主婦として家庭を守っていました。

そして現代社会では、夫婦共働きが当たり前となってきていますが、新しいタイプの夫婦のあり方として第3の道として妻が一家の大黒柱となり外で働き、夫が家庭に入るという、いわゆる専業主夫の存在がクローズアップされてきています。

つまり現代では、いずれにしても夫にも家事や育児を一緒にやってほしいという女性が断然増えており、これからはもはやそれが常識になっていくでしょう。

そんな中で、結婚相手として女性から圧倒的な支持を集めるのは、いわゆる家庭的な男性です。

夫婦共働きとなると、家事や育児に協力的な男性が人気になるのは必然でしょう。

ましてや夫が主夫になる場合は、性格が家庭的な男性であることが絶対条件ともいえるでしょう。

そうなると、問題は結婚する前に「相手がいかに家庭的な男か」を見分けるかです。

ここに挙げる8つの項目は、お相手が家庭的な男性かどうか?を見分けるポイントになるのではないかと思います。

では、早速8つのポイントを紹介いたしましょう。
(引用元 TABI LABO より)

 

1.何かを頼んだとき、グズグズせずにやってくれる

家事が出来るかどうか以前に、協力する姿勢があるかを見るためのポイントです。

友人男性であれば、例えば飲み会の店を探すとか、本を貸して欲しいとか、ちょっとしたことを頼んでみましょう。

頼んだことを「いいよ」とすぐにやってくれる男性は、結婚してからも家事・育児に積極的に参加する素地があります。

しかし彼があなたに気がある場合は、いいところを見せようとして張り切っているだけで、釣った魚に餌をやらないタイプの可能性もありますので、注意が必要です。

 

2. 昼食が外食やコンビニ弁当ではない

がっつりキャラ弁を作っている必要はありません。

「夕食の残り物なんだよね」とお弁当を持ってきていたり、出来合い食でもフルーツやカット野菜などを組み合わせて栄養に気を使っている男性は、かなりの確率で家庭的です。

料理をすることに抵抗がなく、食事と健康の関係にも注意が向いている証拠です。

 

3. 一人暮らしをしている期間が長い

大学生のときから一人暮らしで、就職してからもそのまま一人暮らし。

こういう男性は、一通りの家事をこなせる可能性が高いでしょう。

ただし、「もういい加減家事をするのが面倒くさいから、やってくれる人と結婚したい」と不謹慎なことを考えている一人暮らし男性もいるでしょうから気をつけましょう。

反対に、生まれてからずっと実家暮らしの男性は、ほとんどと言っていいほど家事ができませんし、やる気もありません。

母親がすべてをやってくれるためです。

こういう男性と結婚を考える場合は、まず家事はやってもらえないものと覚悟するしかありません。

 

4. 両親が共働きで、鍵っ子だった

両親が共働きで、子どもの頃は1人で家にいることが多かった、という男性は、ある程度身の周りのことができるでしょうし、自分のことは自分でして当然、という考え方を持っています。

ただこういう男性は、「子どもが寂しい思いをしないように、妻には専業主婦になってほしい」と考えている場合もあります。

それがあなたの希望であれば問題はないのですが、共働きを前提に考えているのであれば話し合いが必要でしょう。

 

5. お父さんが亭主関白ではなかった

気になる男性にさりげなく「お父さんはどんな人だったの?」と聞いてみてください。

「亭主関白だった」とか、「仕事人間で家にはほとんどいなかった」という答えで、彼がそれを否定的に言わない場合、彼自身も父親のようになる可能性があります。

逆に、「父親は家にあんまりいなかったけど、俺はそうなりたくない」とか、「父親は母親を手伝ってたよ」などと言う男性であれば、家庭的な人である可能性が大きいかもしれません。

 

6. 年の差が大きい妹や弟がいる

年の差が大きい妹や弟の面倒を良く看ていたという男性は、子どもの扱いに慣れているため、子育てにも熱心になってくれそうです。

「子どもには興味がない」とか、「子どもと触れ合ったことがあまりない」という男性だと、自分の子どもが生まれても非協力的な態度を示すかもしれません。

ただ、男性はいざ自分の子どもが生まれると手の平を返したように子煩悩になるケースがありますから、子どもの扱いに慣れているかどうかは、あくまで傾向を見るための要素で、すべてではありません。

 

7. 財布の中身で金銭感覚が分かる?

男性がお財布を開けたとき、横目でチラ見してみてください。

スーパーやドラッグストアなどのポイントカード類をたくさん持っている男性は、収支のバランスに気をつけ、貯金を積極的にしている可能性が。

また、財布にレシートやサービス券がごちゃごちゃと入っていない、または入っていてもすっきりと整理されている男性は、お金の出し入れに気を配っている人と言えます。

結婚してからも節約や貯金に積極的に協力してくれるのでは?

 

8. まず何よりも、女性に優しい

冷房が利きすぎたオフィスで寒くないか気遣ってくれたり、ヒールを履いて並んで歩いているときに歩幅を小さくしてくれたり。

女性に対してちょっとした気遣いができる男性は、家事が上手か、子煩悩かという具体的な条件の前に、「女性への優しさ」を持っている人です。

そういう男性であれば、女性が口うるさく言わなくても日常的に協力しあえる「家庭的な男性」になってくれるでしょう。

高収入とか、ルックスがいいといった目に見える要素だけではなく、結婚相手を探すときに「家庭的かどうか」という判断基準を持ってみてはいかがでしょうか。

まったく違ったタイプの男性たちと知り合えるかもしれませんよ。

(引用元 TABI LABO より)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これからの時代、やっぱり結婚するならいろいろ家庭のことに一緒に悩んでくれたり相談できたり、さらに一緒に取り組んでやってくれる男性がいいですよね!

女性の中には、自分は家事が苦手だから、むしろ自分ががっつり働くので夫にすべての家事を任せたいなんて方も実際に増えてきています。

今、世の中では草食系男子とか女性性の男子などと男としての力強さを否定するかのような言われ方をする傾向もありますが、逆にいえば家庭的で優しい男性が増えているともいえます。

結婚をしない独身の人が男女ともに増えてきている現代ですが、むしろこういった優しい男性が増えてきていることで温かい家庭も増えていくのではないでしょうか。

家庭的な男性を求めている女性は、ぜひ8つのチェックポイントを意識してみてくださいね。