あなたは、コミュ障?それとも対人恐怖症?

コミュ障

これって病気?若者に多い自称コミュ障!

最近、人とうまくコミュニケーションがとれずに苦手意識を持っている人のことをコミュ障という言葉で表現することがありますね。

職場や社会生活にも影響することのあるコミュ障とはそもそもなんなのでしょうか。

コミュ障とは、コミュニケーション障害の略ですが、実際に定義される障害としてのコミュニケーション障害とは異なり、他人との他愛もない雑談が非常に苦痛であったり、とても苦手な人のことを指して言われることが多いようです。

今回は、自分はコミュ障なのか?それとも対人恐怖症なのか?

はたまたどんなコミュ障なのか?というところを深堀りしていきたいと思います。

 

 

コミュ障ってなに?対人恐怖症との関係は?

コミュ障という言葉をネットやテレビなどでよく聞くようになりましたが、これは対人恐怖症の一種なのでしょうか?また、生活していくうえでコミュ障が受ける影響や対処法などについて紹介します。

コミュニケーション障害とは、対人恐怖症などと同じ病気の一つとされています。

先天性の障害を持っている人もいますし、なんらかの事件や事故で精神的ショックで後天的に発病する人もいます。

インターネットなどから広まった「コミュ障」という略語は、病気というよりは性格的に人見知りの人や、他人とのコミュニケーションがうまく取れないと感じたときに、「自分はコミュ障だから」と都合のいいように使うことが多く、医師に診断されるコミュニケーション障害とは少し意味合いが異なります。

また、年齢別では、若い世代ほどコミュ障の人が多くなってきているという調査結果もあり、社会生活を送る上で困難を感じる若者が増えてきているという実態もあります。

 

 

 

コミュ障と対人恐怖症の違いってなんなのか?

では、コミュ障は対人恐怖症の一種と考えていいのでしょうか?

対人恐怖症は人前に出ると、極度の緊張から顔が赤くなったり、話ができないとか、他人から見られるのが怖いなどという症状をもつ精神的な病気の一種とされています。

一方、いわゆるコミュ障はインターネットから生まれた都合のいい言葉ともいえます。

他人を目の前にして苦手意識を感じたり、人見知りをしたり、うまく会話できないときなどに「自分はコミュ障ですから~」と逃げ道を作って自分を擁護するためにも使われます。

したがって、いわゆるコミュ障は病気ということではなく、他人とのコミュニケーションが苦手だなと思っている人の総称ということになるのではないかと思います。

 

 

あなたは本当にコミュ障なのか?無料で診断できるツール紹介

コミュ障と一概に言っても、明確な症状や基準があるわけではありません。

そこでご紹介するのが、コミュ障診断ツールです。

「あれ?私ってコミュ障かも?」と思った時にぜひ活用してみてください。

 

コミュ障のあなたの会話以外のコミュニケーション能力を測る

 

コミュ障タイプ診断が受けられるのは、ミラーズのサイト(http://mirrorz.jp/article/comu-type/)です。

10個の質問に4択で選ぶだけの簡単なテスト形式です。

コミュ障の人の足りない部分は言語による会話以外の人の表情や声の高低、しぐさや態度などから相手の気持ちを感じ取るところです。

このテストでは、言語以外のコミュニケーション能力がどの程度なのか測ることができて今後のアドバイスもしてくれます。

 

 

コミュ障を4つのタイプ別に分けて診断してくれるツール

不器用型、無関心型、人間不信型、オタク型の4つのタイプにどの程度自分が偏っているかをグラフで表してくれるのが非コミュ指数テスト(http://www5.big.or.jp/~seraph/zero/discomm.cgi)です。

24個の質問に、4つのタイプの選択肢から自分がどの程度共感できるかの度合いを選択する形式です。

診断結果は非コミュ指数とタイプ別グラフで示されて自分が一体どのタイプに偏っているのか一目で確認することができます。

また、過去にテストを受けた人がどのタイプが多いか一目でわかる分布グラフも見ることができます。

 

 

コミュ障のツール診断結果から克服法まで教えてくれるサイト

コミュ障診断(http://comyusyo.nerim.info/check.html)では、会話編と社会編とに分けられた選択肢の中から、自分の状態に近いものを選ぶことであなたのコミュ障パターンを教えてくれます。

診断の結果、コミュ障を克服するためのとるべき行動をアドバイスしてくれるので、こんなときはどうするか?といったシチュエーションを疑似体験することができます。

 

 

まとめ

コミュ障は、病気ではないにしても今や潜在的にはものすごい数の人が該当するものではないでしょうか。

対人恐怖症とは意味合いが違っても、やはり他人との関わりが苦手なのですから仕事や社会生活に何らかの支障があるはずです。

それは同時に将来への不安や経済的な事への不安につながっていくと思います。

元対人恐怖症だった私がネットビジネスと出会い、主夫をしながら在宅で一生懸命取り組むことで自分への自信を取り戻し、今では家事をしながら夫婦ダブルインカムで豊かな生活を生み出すまでになったきっかけになった漫画を紹介しています。

読むだけできっと将来の不安が一筋の希望へと変わると思います。

ぜひ読んでみてくださいね!