専業主夫の仕事を年収に換算したら一体いくらになるのか?

専業主夫の仕事を年収に換算したら一体いくらになるのか?

気になる主夫業の年収とは!!

 

年間365日勤務・時間24時間の世界で最もブラック? な仕事かもしれない家庭の家事労働。

炊事に洗濯、掃除に子育て、買い物や家の修繕など、言いだしたらキリがないのが家事労働ですね。

主婦や主夫の皆さんが日々頑張っている家事の労働力、そんな皆さんの評価方法があるって、知っていましたか?

アメリカなどの欧米などでは無償労働の評価額を推計していますが、実は日本でも、平成9年から5年おきに評価額を出しています。

では一体主夫の労働価値はどれくらいになるのか、見ていきましょう。

 

主夫の仕事を擬似計測してみる

家事に対する活動の貨幣での評価は主に2種類ありまして、機会費用法(OC法)と代替費用法(RC-S/RC-G法)と呼ばれています。

OC法は「主夫(主婦)が市場で働いたと仮定して、その分のお給料を見合わせる」ことで発生する賃金を換算したもの、RC-S法は家事の内容を市場の類似サービスに当てはめた方法です。

RC-G法の方は家事使用人、家政婦さんのお給料に当てはめる形になります。

 

まだまだナメられてる主夫(主婦)の家事労働

主夫の方はまだ一般的でなく世の中的には認知されていないので、過去に女性の主婦を対象に行った調査を見てみましょう。

内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部が2011年に出した家事活動などの貨幣評価の推進方法を見てみると、OC法で一人当たりの年間無償労働評価額は、専業主婦が平均で304.1万円、兼業主婦が223.4万円となっています。

このように見てみると専業主婦でさえ月給にしたら25万程度です。

実際に専業でやっている方からすると「ちょっと見くびられてるかな」っていう意見が出そうな気もしますね。

それとは別の方法で家事労働を類似サービスに当てはめるRC-S法の分かりやすい例があるので引用してみます。

 

一日の労働時間を8時間とします。

炊事3時間、掃除2時間、家計管理1時間、子育ては休むことがないので8時間家事をしながら、ということで見てみると

家事の場合=給食のおばさんの時給 1,100円×3時間=3,300円

掃除の場合=清掃業の時給 1,100×2時間=2,200円

買い物の場合=ピザ、お弁当宅配など 1,000円×1時間=1,000円

家計管理=一般企業の事務仕事 1,100×1時間=1,100円

子育て=ベビーシッター 日給1万円

これらはすべて相場や平均値に合わせて算出された時給の金額です。

これで計算すると、総合計が17,700円となります。

週末はご主人と一緒になると換算すると半額になり、その他の業務を平日のみとすると、17,700円×20日=354,000円、土日5,000円×8日=40,000円で、394,000円となります。

残業代や雑務を含めると、また数字が大きくなるかもしれませんが、こうなると大企業の中堅サラリーマンの月給並ですね。

もちろん、子供がいない夫婦や兼業夫婦の場合は、また金額が別になります。

こちらの計算だと少し評価額がアップするので少しは納得していただけそうな額ですかね。

いずれにしても主夫業(主婦業)は、各家庭の主観によってその評価は大きく異なるというのが現状でしょう。

実際、勤務の内容が決まっているわけでもないし、きちんとやる人もいればちょっとやってはサボる人もいるでしょうしね。

ですのできちんとやっている人からすると安く評価され、サボっている人からするとお得な仕事になっているのが現状です。

しかし、まだまだ世間からは主夫業(主婦業)の本当の価値がなかなかわかってもらえていないというのが歯がゆいところがあります。

 

意外と評価が高い海外の主夫業(主婦業)

アメリカの調査会社salary.comが毎年行っている家事労働の価値を給与に換算して発表したものがあります。

それによると主婦の家事労働の価値はなんと年間1,200万円という話です。

これは日本の倍以上の評価額ですね。

これも類似職種に当てはめるRC-S法ですが、コックさんやコンピューターのオペレーター、心理学者や車の運転手で換算しているようです。

これは海外の方が家事というものの価値を高く評価しているということなんではないかと思います。

 

主婦が減り主夫が増える時代

厚生労働省の「国民生活基礎調査の概況」によると、専業主婦の世帯は1980年をピークに実は減少しているんです。

1980年に1150万世帯だったのが、2010年には797万世帯まで減少しています。

これは共働きの家庭が増加していることになります。

この理由としては、まず経済的な事情が考えられ、そして子供のいない世帯なども増えていることから女性の社会進出などが理由ではないかといわれています。

 

まとめ

上記のいずれの算出方法も市場での代替価値であって、正確な数字とはいえませんし、そもそも主観の価値が大きく影響するので客観的に一般論では収入換算などできるものでもありません。

しかしとかく低く評価されがちな家事労働ですが、掃除や洗濯などは単純作業で頭を使わないように思われがちですが非常にキメの細かい心使いがあたったりとか、家事とは考えたり頭を痛めたりしながら生活環境や諸事情あるなか皆さん頑張っています。

子育てや教育、介護に至っては年中無休ですしそれこそ夜だっておかまいなしです。

ですので一般論としての主夫(主婦)の価値は置いといてそれぞれの本人が考える主夫(主婦)の価値を日々研鑽し高めることに意識をもっていくことが大事ではないでしょうか。

皆さんの本当の価値は、世間の誰かにわかってもらうことではなく、大切な家族のみんながすでにご存知なのですから。