対人恐怖症の僕が仕事を辞めて治療も薬もやらずに自分らしく生きる術を掴んだ方法

対人恐怖症の僕が仕事を変えたら人生大逆転!

対人恐怖症カウンセリング 森田療法

対人恐怖症 改善方法

日本発!対人恐怖症・パニック障害の理想的治療法はこれだ!

投稿日:2018年1月12日 更新日:

医師が自らの体験を元にして生まれた治療法が森田療法だ!

 

森田療法とは、対人恐怖症や強迫症状、パニック発作などの神経症や慢性うつ状態に大変有効な精神療法です。

 

 

不安や悩みなどを忌み嫌い排除しようとするのではなく、人間の自然な感情としてあるがままに受け入れ自分自身をよりよく生かしていくという治療法です。

 

 

この森田療法は、慈恵医大精神神経科の初代教授であったの森田正馬氏(もりたまさたけ)が自らの体験を通して創始したという入院を基本とする神経症の精神療法のことをいいます。

 

 

日本で誕生して、独自に発展していったこの治療法の特徴は、神経症の人が抱える不安や恐怖を排除するのではなくむしろ「受け入れること」で「とらわれ」から離れるという点が特徴です。

 

 

また、自分の中に本来備わっている健康な力や自然治癒力を最大限に生かして治療を後押ししていくという点にあります。

 

 

恐怖や不安というものは人として生きようとする欲望(生の欲望)とは切っても切れない表裏一体のものであり、人間であれば誰もが持っている自然な感情です。

 

 

しかし神経症の状態にあると、不安や恐怖という感情を「あってはいけないもの」として排除しようとするあまり、かえってそれにとらわれてしまい、症状が悪化するという悪循環におちいってしまう場合が多いのです。

 

 

森田療法では、不安というものをあるがままに受け入れながら、よりよく生きようとする欲望を建設的な行動という形で発揮し、自分らしい生き方を実現することを目指しています。

 

 

入院治療の中でのさまざまな体験によって、不安や悩みというものを受け入れながら、症状への「とらわれ」から離れることができ、生きる意欲が生かされてくるということです。

 

 

対人恐怖症の治療法!森田療法で対象となる疾患!

 

・社会不安障害(社会恐怖、対人恐怖症)

人前で極度の緊張をする、人とコミュニケーションがうまくとれなくて悩んでいるなど

 

・パニック障害・広場恐怖

突然動悸が激しくなったり、息苦しく感じることがある、電車や人ごみを避けるようになるなど

 

・全般性不安障害

いろいろなことが次々に心配になり、いつも緊張してしまいリラックスできないなど

 

・強迫性障害

様々なものが不清潔に思えてしまい、繰り返し手洗いせずにはいられないなど。
家の鍵をかけ忘れたんじゃないか?とか、ある考えが気になってにとらわれてしまう

 

・身体表現性障害

身体の病気ではないのに、身体に症状が現れとらわれてしまうなど。
多くの場合、症状は心理的ストレスと関係している

 

・軽症だが慢性のうつ

憂うつな気分や気力の減退が続くなど

 

 

森田療法は、このような方がに適した療法です!

 

・自分の生活を立て直そうという意欲を持った方

・神経質な性格の方
(内向的、小心、物事を気にしやすい、心配性、完璧主義、負けず嫌いなどが特徴)

注意)森田療法は、原則として総合失調症や躁病には適用されていません。

 

参考資料

東京慈恵会医科大学 付属病院

 

まとめ

 

対人恐怖症や社会不安障害で悩んでいる方はたいへん多いと思います。

 

これらは薬で治すというよりは、最終的には自分自身のマインドの変化によって改善することが多いようです。

 

現に僕自身も薬に頼ることなく自分は絶対にビジネスで成功したいという信念で一心不乱に取り組んでいったら年収が100万、1000万、5000万とあがっていくごとに自分自身の中に自信が溢れてきて気がついたら対人恐怖症が治るどころか人前でビジネスを人様にお教えするようなところまでなりました。

 

もしあなたが対人恐怖症で悩んでいらっしゃるようでしたら、僕がどのように症状を克服しビジネスでも成功していけたかがわかる漫画がありますのでぜひご覧になってみてください!

-対人恐怖症, 改善方法
-, ,

Copyright © 2018 対人恐怖症の僕が仕事を変えたら人生大逆転! All Rights Reserved.