専業主夫の奥さんはどんな仕事で年収どれくらいなの?

専業主夫の奥さんはどんな仕事で年収どれくらいなの?

主夫を持つ妻の年収は、なんと・・・!!

今や婚活サイトなどにも主夫希望の男性のカテゴリがあるほど「主夫」という家庭の役割が広がりつつある今日このごろ。

そんな専業主夫を持つ奥さんとは一体どんな仕事をしていくらくらい稼いでいるのか興味がありますね。

多くの場合は、結婚する前から男性が主夫を希望していたわけではなく、当然最初は共働きだったりしたのが何かの事情で夫が主夫になっていったパターンが大半だと思いますが、それにしても妻が一人で家計を支えるというのは並大抵ではありません。

特にアンケートが実施されたわけではありませんが、掲示板などからデータを集めてみました。

 

主夫の妻の勤め先は大企業

けっこう多いのが、やはり奥さんが一流企業だったり、大企業の正社員で年収も1000万近いなんていう家庭が多いようです。

ただ残業などもあるため、子供もいる家庭などでは夫がしっかりと主夫業をやってくれていない場合は、経済的には回っても奥さんの負担が大きくなり破局していく例もあるようです。

それはそうですよね。

夫も専業主夫ならやはり主婦並みにしっかりと役割を果たしていかないとルール違反ですね。

 

主夫の妻は起業家

妻がフリーのデザイナーだったり、専門的な手に職を持っていたりするパターンやバリバリ会社の女社長だったりするパターンです。

これもやはり経済的には十分やっていけるだけの収入を奥さんが稼ぎ出しているのでそちらは問題なさそうですね。

うまくいっているパターンとしては、夫が奥さんを非常に立てているところ。

そして奥さんはやはりそうは言っても女性ですから心が折れそうになる時だってあります。
そんな時にしっかりと奥さんの精神的支えになっている夫のところはうまくいっているようです。

その他は、妻が公務員で給料が安定している方、妻が高級官僚の方、専門職の方などが多いようですね。

 

まとめ

主夫を持つ奥さんの年収はやはりなんだかんだけっこう高給取りの方が多いですね。

お子さんも何人かいれば、やはりそれなりの年収が確保できないと完全に専業主夫をやるというのはちょっと厳しいですからね。

経済的には問題なくても世間の目であったり、本当にこのままでいいのだろうか?といった悩みをもっている方も少なくないようです。

うまくいっている家庭は、しっかりと役割が決まっていてお互い腹をくくって自尊心を持ちながら運営しているといった感じでしょうか。

いずれにしてもどんな役割でも自分の仕事にプライドを持って取り組むことが大事なように思います。

 

関連記事

専業主夫を持つ妻の悩み・・・このままで本当にいいんだろうか?