対人恐怖症の僕が仕事を辞めて治療も薬もやらずに自分らしく生きる術を掴んだ方法

対人恐怖症の僕が仕事を変えたら人生大逆転!

対人恐怖症の症状

仕事 対人恐怖症

対人恐怖症を克服して仕事はできるのか?

投稿日:2018年1月2日 更新日:

 

 

そもそも対人恐怖症とは

 

対人恐怖症は、他人から見られていることへの不安と恐怖

 

知らない人の前にでたり大勢の人の前に立ったりすると誰でも多かれ少なかれ緊張するものです。

 

その緊張の中身を探っていくと、自分は相手からどう見られているのか?または評価されているのか?

自分は相手に何か悪い印象を与えていないだろうか?

自分の弱点が明るみになるのではないかといった心理状態に集約されそうです。

 

このように相手から見られているという場面で、必要以上の緊張に襲われ、あがってしまったり、赤面したり、緊張のあまり手足が震えてくるようになるのが対人恐怖症です。

 

対人恐怖症は20代~30代の女性に多いとされている

 

このような対人恐怖症は、近年では社会不安障害と呼ばれるようになりましたが、比較的男性よりも女性に多く、特に20代から30代の女性が多いとされています。

 

この年代の女性は、就職したあとに結婚しさらに出産し、会社ばかりではなくママ友同士のお付き合いがはじまります。
そこでは、会社とはまた違った対応が求められ、人間関係がより複雑になることがあります。

その結果、うまく対応できない人もいて、対人関係に対するトラブルから、対人恐怖症へとつながっていくことがあります。

 

引きこもりや不登校になり精神疾患の誘発の可能性もありうる

 

対人恐怖症の人が引きこもりやニートになっていくということは、容易に連想できますよね。

 

実際にひきこもりやニートの人は、対人恐怖症であるということが珍しくはありません。

 

但し、対人恐怖だからといってそれが即ひきこもりかと連想をするのは間違いです。

 

対人恐怖には正常心理に近い対人恐怖や対人緊張から妄想性を帯びている重症例まで多様な状態の例が含まれていますし、引きこもりの要因となっているのも対人恐怖だけには限らないからです。

 

対人恐怖症になりやすい人とは?

 

対人恐怖症には、一般的には内気で、人見知りで、神経質で、怖がり屋さんがなりやすいとされています。

 

これも、常識的な連想で納得できることですが、こうした気質的な要因のほかにも環境要因や遺伝的要因があることは、意外と知られていないようです。

幼少期にうけた虐待やトラウマ、人前で恥をかいたという強烈なショックな体験などが対人恐怖の引き金になることは大変多いのです。

また、自分の両親が対人恐怖症であると、子どももなりやすいという事例も報告されています。

 

対人恐怖症だったら人と会わなくても仕事はできる

 

現代は、インターネットの普及で人とコミュニケーションも実際に会わなくてもメールやLINE、SNSなどでいくらでもできるようになりました。

 

通常対人恐怖症ですと客商売は難しいでしょうし、電話応対も苦手な人もいるでしょう。
しかしメールなどで文章でコミュニケーションはどうでしょうか?意外と上手くできる方もいるはずです。

 

このようにインターネットを使うことで今はいくらでも活躍の場を増やすことができるのです。

 

このサイトでは、対人恐怖症の方でも工夫次第でいろいろな仕事に挑戦できたり大金持ちになっていくことができる方法論などを紹介していきます。

-仕事, 対人恐怖症
-, ,

Copyright © 2018 対人恐怖症の僕が仕事を変えたら人生大逆転! All Rights Reserved.