社会不安障害(対人恐怖症)の症状とは?また治療方法は?

人の視線が怖い

社会不安障害(対人恐怖症)の症状とは?また治療方法は?

 

人前で話をしたり何かをするときにドキドキしたり緊張した経験のある人は多いと思います。

例えば大人数の前でプレゼンしたり、何かを発表したりするときなどは、そういった発表の経験などを積まないと普通は緊張するものです。

このように人前で緊張するというのはごく普通のことであり、それ自体には何の異常もありません。

しかし、人前で何かをする際の緊張が一般的なものよりもとても強く、何度経験しても慣れずに緊張が強いままで、むしろひどくなっていくようだったり、生活に深刻な支障をもたらすようでしたら社会不安障害と呼ばれる精神疾患である可能性があります。

社会不安障害は社交不安障害や対人恐怖症とも呼ばれることがあり、人と接することや人前で何かをすることが怖くなったり、人前で特定の行動をすること自体が難しくなったりします。

通常は人見知りの人や、不安や心配を感じやすい性格の人がなりやすいですが、対人という点で特に問題がないように思えていた人が成人になってからちょっとしたきっかけで発症することもあります。

また、人口の10%以上の人が発症するともいわれており、社会不安障害は比較的身近な疾患であるといえます。

 

 

社会不安障害の症状とはどんなもの?

 

・人と会話することやかかってきた電話に出ることが怖い。

・人に注目されることや人が大勢いる場所が怖くなる

・不安になる状況下で身体症状がでる、

例)手足が震える、大量の発汗、動悸や息切れをおこす、トイレに頻繁にいくようになる、赤面するなど。

・不安になる状況を避けるようになる

・人前で字を書く、人前で何かを食べる、といった特定の行動を人前ですることが困難になる

などの症状が起こります。

社会不安障害は対人恐怖症とも呼ばれることがあるため人前で緊張するという精神面での症状を想像される方が多いかもしれませんが、それに加えて身体面でも症状が出るようになることが特徴です。

 

また、他の精神疾患を併発することもあり、鬱病やパニック障害を併発する方が多いです。

人前で話す以外にも、人前で字を書く、人前で食事をするというような一般的な対人恐怖症というイメージからは想像しづらいようなことでも、社会不安障害では症状があらわれて強く緊張してしまい人前で何かを実行することができなくなるケースがあります。

かかってきた電話での対応に強く緊張する、自分のお腹が鳴ってしまわないかをとても不安に思うというような様々な症状が社会不安障害ではみられ、これは特に男性に多いのですが、トイレ内で近くに人がいると、たとえ排尿するのに何の問題もないとしてもうまく排尿ができなくなるというものも社会不安障害の症状にはあります。

 

 

「全般性社会不安障害」と「非全般性社会不安障害」

上で述べたような特定の状況、行動に対してのみ起こる緊張、不安、恐怖を感じるタイプの社会不安障害は「非全般性社会不安障害」と呼ばれています。

このタイプの社会不安障害は、症状があらわれる状況が限られているので社会生活において起こる支障や負担はある程度限定的で、他の精神疾患を併発する可能性も比較的少ないといえます。

一部の状況を除いては特に症状はあらわれないため、社会生活のすべてが困難になるわけではなく、特に他人から気づかれることもなく通常の社会生活を送ることはできていたりします。

ただし、多少負担が少なくなっているといっても通常よりも行動の幅は狭まっており、本人もそれに苦しむことになります。

一方で、すべての他者と接する状況において不安になってしまうタイプの社会不安障害は「全般性社会不安障害」と呼ばれます。

このタイプの社会不安障害は基本的に他人と接する状況であるならばシチュエーションや場所を選ばすに症状が出てしまうため、社会性が強く損なわれてしまい、そのために生じる支障や負担もとても大きくなります。

また、その負担が大きいために他の精神疾患を併発する可能性も多くあります。

現代のように他者との接触が必要な社会生活において他者との接触がすべて不安でしかたないという症状は支障が大きく、しっかりとした社会生活を送ることは困難なことになります。

その様子は社会不安障害であると他人からも比較的わかりやすく、すべての社会的な状況を避けてしまい家に引きこもった状態になることもあります。

すべての引きこもりの人がそうであるわけではありませんが、引きこもりの人の中でも他者と接することに強い不安を抱いている人は、全般性社会不安障害が引きこもりの原因になっている可能性があります。

 

 

気をつけよう。他の精神疾患の併発

社会不安障害の中でも特に全般性社会不安障害は他の精神疾患を併発する可能性が非常に高く注意が必要になります。

社会不安障害の人の40%以上が他の精神疾患を併発することが多いともいわれています。

うつ病などは特に他の精神疾患を併発する可能性が高くなっています。

社会不安障害によって自分はきっと無価値なんだなどという自己否定する感情が膨らんでいくことなどによって、うつ病を発症してしまいます。

うつ病の症状としては、気持ちが落ち込んだままになったり、一日中眠気が継続したりします。

アルコール依存症も発症しやすくなっています。

社会不安障害ではどうしても不安感を感じてしまいますが、その不安感を少しでもごまかす手段として、ついついアルコールを摂取してしまいます。

アルコールによって酔うことで一時的には不安感は忘れられますが、根本的に不安がなくなるわけではないのでなんら解決に向かうことがありません。

そのため、お酒に依存する生活が続いてしまい、大量のお酒を求めるようになり、自分ではその思いをコントロールできないアルコール依存症になってしまいます。

パニック障害をはじめとしたその他の不安障害もしばしば併発します。

特に現代では、パニック障害はうつ病に次いで併発しやすいといわれています。

不安障害は恐怖感や不安感に苦しむ疾患で、トラウマで苦しむPTSDや何度も戸締りを確認しないと不安でどうしようもなくなったりする強迫性障害などがあります。

パニック障害は身体には異常がないにもかかわらず辛く激しい発作が起こってしまうもので、発作が起こることに対して恐怖や不安を感じるようになります。

こういった社会不安障害と併発する疾患は一つだけ併発するとは限らず、連鎖的に併発していくことがあり、複数の疾患を同時に抱えてしまうこともあります。

そうなってしまうと治療も大変になりますので、もし社会不安障害を発症した場合は早期に治療を行うことが重要になります。

 

 

社会不安障害が発症していくの原因とは

自分自身の失敗体験や恥ずかしい思いをした体験、極度に緊張した経験などがきっかけとなって発症することがあり、発症する年齢としては10代のころに発症することが多いようです。

また、脳の一部に機能異常が起こることで発症しているともいわれています。

神経質、人見知り、不安を感じやすい、怖がり、劣等感があり自分への自信がないというような性格の人が比較的発症しやすい傾向があるといわれています。

遺伝も原因の一つになっているとはいわれていますが、社会不安障害になった人の子供が必ずしも社会不安障害になるほど確実なものではなく、遺伝による影響は限定的だと考えられています。

人との付き合いが苦手だったりする人がなりやすくはありますが、もとから人が苦手だという意識が強そうな人ばかりがなるわけではなく、特に人との付き合いが苦手ではなかった人が、ちょっとしたきっかけで発症し、特定の行動だけがどうしても人前でできなくなったりもします。

きっかけとなる失敗の例としては、大勢の人の前で発言するときに頭が真っ白になってしまって失敗して大恥をかいた、歌手や役者の人がステージなどで歌詞や台詞を忘れてしまった、かかってきた電話にうまく対応できなかったなどといったことがあり、プライドが高い人ほどこういったことが気になってしまい発症することがあるようです。

 

 

社会不安障害の治療方法はどんなものがあるか?

社会不安障害の治療方法には、心身の症状を抑えるための薬物療法と、考え方の見直しなどを行う認知行動療法等の精神療法があります。

基本的にはどちらか一方だけではなく両方を組み合わせてバランスよく治療が行われます。

また、医師などから受ける治療だけでなく、寝不足などをはじめとする生活習慣が乱れていた場合は、その生活習慣を少しでも改善して規則正しい生活にすることも必要になります。

 

 

社会不安障害の薬物療法

社会不安障害では脳が過剰に反応することによって、不安感や恐怖感を過剰に感じるようになります。

これは脳の神経伝達物質のバランスが乱れていることで起きているので、脳の神経伝達物質のバランスを改善するという薬を飲むことで、感じる不安を減らすことができます。

また、社会不安障害では憂うつな気分などの精神状態への悪影響のほかにも、不安になる状況における身体の震えなどの身体の症状も発症することがあるため、このような症状を抑えるためにも薬を用います。

震えなどは交感神経の働きが過剰になっていることで起こるので、β遮断薬という薬で交感神経の働きを抑えることで震えを抑えることができます。

実際に薬物療法に用いられる薬としては、脳の神経伝達物質の働きを改善する抗不安薬やSSRI、また、交感神経の働きを抑えるβ遮断薬や漢方薬などがあります。

それぞれに長所、短所、効果の違いがありますので、患者さんの状態に合わせてそれぞれの種類を組み合わせたりしながら薬物治療を行っていくようです。

 

 

社会不安障害の認知行動療法

身体の症状はある程度は薬物療法で抑えることができますが、本質的な問題が心の問題であるなら、それを解決していくには社会不安障害を治療するうえでは重要になります。

そのため、まずは心と体をリラックスさせて他者や苦手な状況に慣れていくようにして、不安や恐怖につながる極端な考え方を見直すなどの認知行動療法を行い、不安を克服していきます。

社会不安障害になりやすい性格や考え方というのは心配性で完璧主義の人が多い。

そして自分自身に自信がなく、他者からのマイナス評価を恐れるというものであるといわれています。

そのために、過剰な思い込みからネガティブなもののとらえ方をしながら、他者からの視線や評価などを必要以上に気にして緊張してしまいます。

認知行動療法では、こういった考え方を改めていくことで、気にしすぎることをやめ、以前は緊張してしまってどうしようもなかったことを、そこまでの緊張はせずに実行できるようにしていきます。

その中でも認知行動療法の一つである曝露法(ばくろほう)では、社会不安障害の人が苦手としている状況にあえて身をさらすことで、その状況に慣れていき本人の不安感が少なくなっていきます。

苦手とする状況にあえて身を置くことは、不安を減らしていくことにつながりますが、その時のストレスが大きすぎてしまうこともあるので、不安感が大きいことに対して曝露を行う場合には注意が必要です。

 

 

社会不安障害の人が仕事で成功するには

社会不安障害は軽度のものなら、かなり多くの人が今まで自分が経験した中で該当することがあったのではないかと思います。

つまり本人はそれが社会不安障害だとは気づかないで過ごしていることが大多数です。

その症状がより悪化していくことで身体に症状があらわれてきたりしてはじめて何らかの治療が必要だと認識することになるのではないでしょうか。

しかしこの社会不安障害の根源的原因の一つに自分自身への自信のなさというのがあります。

実は自分自身で起業するということを経験して自分自身の自信を高めたり、セルフイメージを向上させたという事例がたくさん報告されています。

私自身も実は対人恐怖症だったにも関わらず、在宅で主夫をしながら起業してビジネスの知識を得て、スキルをアップさせていく過程で自信を高め恐怖症を克服していくことができました。

このサイトに辿りついた方も、ご縁でしょうからぜひ自分自身で起業することで自信を取り戻し、より自分に合った仕事を通して豊かな状況をつくってみてはいかがでしょうか。